大阪の部屋は寒い?!

年末から、ずっーと寒い日が続いています。
もともと古い店舗を改築している当院は断熱性に劣っており、話題のエコ住宅とは対極の環境です。
毎朝の室温は、2℃~4℃。
すぐにストーブを焚くのですが、暖まるまでに時間がかかり、毎日苦行を強いられています。
物理的な寒さに長時間晒されるのは、氣血の流れを停滞させ、体にいいはずはありません。
でも最近は、エコか単なるケチなのかはしりませんが、冬でも暖房の設定温度を下げて、肌寒い部屋で耐えて暮している方も多いようです。
夏の冷房の設定温度を上げるのは大賛成ですが、暖房はあまり節約しない方がいいと思います。
日本でも北国の方やアメリカなどでは、薄着で過ごせる位、ガンガンに暖房を入れるそうです。
そこまでは行き過ぎでしょうが、大阪の一般家庭の室温は低すぎるような気がします。
いくら流行の生姜のお茶に飲んだり、手軽な漢方を買ったり、散歩したり、健康ランドに行ったり、足にお灸したりしても、その後に気温の低い室内でじっとしてれば、冷えていってしまいますよ。
案外、盲点なのかもしれませんが、体の冷えが気になる方は、多少の光熱費は犠牲にしても、室温も見直してみましょう。
因みに大阪の平均室温は19.1℃だそうで、薄着の傾向があるそうです。(参考URL http://weathernews.com/ja/nc/press/2011/110124.html
せめて、厚着をしましょう・・・。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HPへ

Miniで往診

今月から箕面市南部(豊中市と箕面市の境界あたり)の患者さん宅へ往診をしています。
往診先まで直線で4キロと遠く、坂道も多いので、自転車でなく車でお伺いしています。

ただ往診に使っているローバー・ミニが昨年末からアイドリングが不安定で、信号待ちで突然エンストしてしまうトラブルが続いていました。
思い起こせば、昨年にMTが運転できない妻の為に、中古の国産車(AT)を買って以来、ミニが不調なような気がします。
スネてしまったかのように不調のミニ。
重症かと思いましたが、先日ミニのショップへ持ち込んだところ、バキュームホースのジョイント部分が壊れていただけで、すぐに復活しました。
現在は、かなり快調で、我が家にある某国産車よりも断然に運転が楽しいです。
ミニと言えば、趣味の車として保有されている方が多いのでしょうが、うちミニは営業車として健気に働いております。
そうそう、北摂と言えば、ミニのショップのメッカです。
近くのショップのHPをご紹介しますので、ご興味がある方は一度覗いてみてください。
カワイイので虜になるはずです(笑)
クラシック・ミニデルタ(豊中市浜 たくさんのミニとパーツが揃っています。2012年閉店)
ナミーズ・カンパニー HP(豊中市利倉東 こちらで修理をしてもらいました。)
インペリアルクラフト HP(箕面市如意谷)
オートライフ HP(茨木市下穂積)
では、本日はこのへんで失礼します。
まだまだ冷え込みが続きますので、暖かくしてお過ごし下さい。
☆大阪府豊中市の北部・中部で健康保険を使った鍼灸マッサージの往診治療を行っている若林鍼灸院HPへ

お勧めの店(山口県編)

今日は珍しくグルメ・ネタです。
どうしてもご紹介したいお勧めのお店が先日オープンしました。
そのお店は、
場所は山口県
本州最西端の下関市にあります!
えっ、遠いやん!そんなん行かれへん!って突っ込まれそうですね。
膝と腰が痛いから行かれないという方は、若林鍼灸院で治療すれば大丈夫です(笑)
下関・門司方面へ出張や旅行の折には、是非お立寄りいただければと思い、ご紹介します。
お肉とお魚料理の店 恵太(けいた)」
住所 山口県下関市中之町1-14 (Yahoo!地図
電話 083-231-0338
カモンワーフや唐戸市場の近くにあり、観光の途中でも立ち寄れます。
ここのお店はお魚料理はもちろん、洋食にも力を入れていて、おいしい洋食屋が少ない下関界隈では貴重な存在だと思います。
この写真は、唐戸市場です。
昨年の9月に墓参で下関に行った際に撮影しました。

唐戸市場から見た関門大橋。

対岸の門司。

なぜ大阪の私がここまで勧めるのかと言うと、実は親戚のお店だからです(笑)。
お近くの方や下関に行くことがあれば、是非お立寄り下さい。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

保険による往診治療について

最近、高齢者を対象とした健康保険による訪問鍼灸マッサージをする治療院が増えてきました。
私の鍼灸学校の同級生でも専門の行っている人が多くいますし、他業種からも参入してきているそうです。
当院も鍼灸院での治療の合間に僅かながらではありますが、やらせてもらっています。
保険での往診の対象者は原則的に歩行が困難な方に限られるので、どうしても純粋な鍼灸やマッサージ施術ではなくリハビリ的な要素が求められます。
現在、リハビリといえば理学療法士の分野でしょうが、介護保険や費用面のこともあり、鍼灸師、マッサージ師が彼らの仕事を代行している部分があるようです。
しかしながら、鍼灸やマッサージの醍醐味は、リハビリだけではなく、本来の施術により発揮されるものだと思います。
患者さんご本人やご家族の希望に沿ってのことでしょうが、マッサージ師なのに撫でも押しもせず、鍼灸師なのにまともに鍼や灸もしないで、関節運動と筋力トレーニングだけに終始するのは、少し寂しい感じがします。(もちろん、それらも非常に大切ですが・・・)
私は免許の名前通り、鍼灸なり按摩マッサージなりを専門的に掘り下げた方が良いのではと思っています。
当院では、往診による保険治療でも院内で行っている鍼灸術と同レベルのものを提供しています。
当然ですが、きちんと東洋医学的に評価し、毎回その方の状態に応じた鍼灸施術を行っています。
訪問マッサージにおいても、リハビリ的な施術だけでなく、許す限りマッサージ本来の手技を行っております。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

本年も宜しくお願いします。

今年初めての更新が遅れてしまいました。
今朝、治療院に入ると室温が2℃。
室内でも息が白かったです。
今シーズンは、久しぶりに冬らしい冬って感じですね。
こんな寒空の下、今年のお正月は、何カ所も初詣に行ってきました。
1日に散歩を兼ねて、箕面の滝道の途中にある、龍安寺へ。
3日に、奈良県桜井の大神神社へ(車で行きましたが、大渋滞でした。)
9日には、十日戎を少しフライングして大国町の大国主神社と今宮戎へ。
(大国主神社→今宮戎の順番でお参りするのは、「大黒さんに種銭を貰って、戎さんに増やしてもらう。」という意味らしいです。これはいつもお世話になっている某院長先生の受け売りです。)
昨日は、地元の豊中稲荷神社へお参りに行きました。
おみくじを引いたら「大吉」でした!
神頼みばっかりかい!と突っ込まれそうですね(汗)
そう言われないように、更に勉強をして、前年よりも少しでも向上できるように頑張りたいと思いますので、
今年もどうぞ宜しくお願いします。
寒い日が続くようですので、どうぞ皆さんご自愛くださいね。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP