ポール・スミスの小物


↑最近、街中でこのような、ミニをあしらった鞄や財布を見かけませんか?
これは、ポール・スミスの鞄なのですが、カラフルなミニが可愛らしいですよね。
10数年前には、ポール・スミスがデザインしたミニの限定車が発売されました。
ちょうどその頃、日本ではポール・スミスがブームだったのもあって、大変な人気でした。
現在も中古車市場では、ポール・スミス・ミニは高値で取引されています。
今や「ミニ」と言えば、BMWの現行ミニ(ミニなのに大きい方)の事をイメージする方が大半なのでしょうね。今や少しずつ消えつつある・旧ミニ・ファンとしては、どのような形であれミニが取り上げられる事は嬉しく思います。
ミニの柄の小物もいいですが、それを入り口にして、若い旧ミニファンが増えてくれたらいいな・・・。

大阪府豊中市の伝統鍼灸専門・若林鍼灸院HP

家庭でのお灸

近年、インターネットや女性向けの雑誌などで、症状別のツボ(経穴)が良く紹介されています。
従来はツボをご自身で指圧される方が多かったのですが、最近では「せんねん灸」などの手軽なお灸の普及で、家庭でお灸にトライされる方が増えているようです。
当院に通っておられる方でも、ご家庭でお灸をされている方が数人いらっしゃいます。
今日は、ご家庭でお灸をされる場合に気を付けられたポイントを何点かご紹介します。
☆まず、ツボの取り方。インターネットや本に載っている場所はあくまでも目安です。
その指示されている位置の周辺で、凹んでいたり、皮膚の色が違ったり、温度や湿り方が違ったりと、周囲と何か差異がある場所がツボである可能性が高いです。
よく探ってみてください。
漫然とお灸をするよりも、効果が高いはず。
☆ツボの選択方法
理想を言えば、鍼灸師に体質や症状に応じたツボを教えてもらうのが一番です。
それが難しければ、ネットや本で紹介されているツボを欲張り過ぎずに、まずは1種類のツボからスタートしてください。経過や体調をみながら、適宜ツボの数を増やしたり、変更してみてください。
最初から欲張ると、刺激量が多かったり、どのツボが効いているのか分からなくなりますので。
☆お灸の刺激量
市販のお灸でも、刺激が強いものが多いようです。
我慢は禁物です。
「少し物足りないかな?」と思う程度で十分です。
ソフトな刺激でも、体はちゃんと反応します。
あまり頑張りすぎると、「灸あたり」といって「湯あたり」のように気分が悪くなってしまいます。
1箇所に対する、お灸の回数は、奇数(1、3、5、7・・・)が基本です。
灸は陽気を補う目的がありますので、陽の数、つまり奇数を基本とします。
おまじない感覚で試してみてください。
☆ペアで行う。
足三里や三陰交など、足のツボは、一人でも簡単にお灸ができますが、背部や腕、お腹のツボはご家族やパートナーにやってもらった方が安全です。
お灸で家族のコミュニケーションが増せば、素敵ですね。
深刻に眉間にシワを寄せながら据えるよりも、楽しくやりたいものです。
☆火の元、ヤケドに注意。
必ず水を張った大きめの灰皿を手元に用意してください。
また市販の円筒状や台座付のお灸を使う場合は、ピンセットや小さなツカミのような物を用意した上で行って下さい。
製品によっては、筒や台座が高熱になり、素手で取り外す際に指を火傷する可能性があります。
くどいようですが、市販の既製品のお灸でも、刺激が強いものもあり、わずか1回だけでも、水ぶくれや火傷になることがあります。
昔ながらに散もぐさを使う場合は、慣れるまでは捻り方が難しいので、最期まで焼き切るのではなく、少しでも熱さを感じた時点で、消火してください。失敗すると火傷の跡が消えなくなります。
美容に気を遣う方は、どのようなお灸であれ、まず目立たない部位で試されるといいでしょう。
極度に体力が落ちた方、糖尿病や知覚麻痺や鈍麻がある方へのお灸はヤケドを起こしやすいので危険です。
お灸をして少しでも体調や皮膚に異常が出たら、速やかに中止してください。
あくまでも細心の注意を払い、自己責任で行ってください。

お灸は現代でこそ、一般には疎遠なものになりましたが、江戸期から昭和初期頃まで広く民間でも行われていました。
特に松尾芭蕉『奥の細道』にも出てくる、足三里へのお灸は、健脚や長寿の灸として昔からポピュラーだったようですね。故本間祥白先生(鍼灸師)の著書でも、終戦直後、ボロ切れを艾替りに使い、足三里を焼きながら、中国大陸から引き揚げた日本兵のエピソードが紹介されていました。
昔に行われていた、大きな灸跡が残るような強い刺激のお灸は現代人には、オススメしませんが、ソフトなお灸ならば、試してみる価値がありそうですね。
鍼灸院を経営する立場から言えば、家庭でお灸をせずに鍼灸院に来て、お灸を受けほしいですが・・・(笑)
☆追記☆
家庭でお灸する際に不明な点があれば、当院へご相談ください。
空き時間に1000円でお教えします。(一般の方限定)
電話で予約の上、日頃ご使用のお灸道具を持って、お越しください。
※健康増進が目的の方に限ります。
 医師の診察を受けていない方、重篤な症状の場合、本格的な治療が必要な方は、お断りします。
大阪府豊中市の伝統鍼灸専門・若林鍼灸院HPへ

選挙

衆院選挙の選挙運動が盛んになってきましたね。
当院は阪急の豊中駅前にある為、公示前から選挙カーが騒々しいです。
「○×を宜しくお願いします。」「△■党にご支援を!」とマイクで連呼されています。
マニフェスト選挙だとか政策本位だとかいいますが、結局、実際の選挙戦は、選挙カーでウグイス嬢が名前を連呼する古典的なスタイルのまま。
名前を聞いて、車の中から候補者に手を振られたところで、どの位、有権者の投票行動に影響を与えるのかしりませんが、そろそろ別のスタイルを考案してほしいものです。
かといって、党のマニフェストだけで決めるのも、味気ないものでしょうけど。
(候補者の個性なんて全く関係がなくなりますから・・・。)
とにかく、8月30日は日本の将来を決める大切な選挙です。
意中の候補や党がなくても、マニフェストや選挙公報、HPなどを参考にして、自分の頭で考え、少しでも良いと思われる候補者と政党に投票しましょう。
「誰にも入れたくない。」「どうせ変わらない。」「面倒臭い。」なんて言わないで、政治に参加することも大人の責任。
棄権せずに、投票しましょう!
阪急・豊中駅前・伝統鍼灸の若林鍼灸院HP

午後の施術を開始!

本日8月17日(月)より、午後の施術の受付を開始致しました。
豊中市少路の時からの患者様には、近日中に特典の付いた案内状を郵送する予定です。
以前と同様、完全予約制です。
必ず事前にご予約ください。
往診等で外出も多く、また大変わがままな?治療院ですので、予約がない場合は、
早めに閉める場合もありますので、必ずお電話お願いします。
時間等の詳細は若林鍼灸院HPでご確認を!
若林鍼灸院HP

十三花火大会


先週の土曜日に家族で淀川花火大会へ行ってきました。
ここ数年毎回、見に行っているのですが、今回は十三のホテル・プラザオーサカの屋上から鑑賞しました。
19階建てのホテルの屋上から観ると、花火の位置が目線とほぼ平行になり、いつもとは違った雰囲気を楽しめました。(個人的には花火は見上げた方が綺麗だと思いましたが・・・。)
地元企業・商店の寄付のお陰で、昨年よりも打ち上げ数が増えたそうです。
不景気にもかかわらず寄付をされた方々、暑い中、運営に携わっていたボランティアの方々には、頭が下がる思いです。
偉い!!
大阪府豊中市の鍼灸院・若林鍼灸院HP