昇段審査

2014年の2月に空手の道場に入門し、ようやくこの日を迎えました。
(いや~、長かった。下手なので。)

初段の昇段審査に行って来ました。

会場は大阪府立体育会館。

といっても1階の大ホールではなく、地下の剣道場が会場でした。
それでも大相撲やプロレス中継で見た建物の中に入れるのは、妙にテンションが上がります。

さて、審査はペーパーテストからスタート。
これは予想通りの問題なので、難なくクリア!

次からは大切な実技の審査が開始。

まずは形の審査から。

1つ目の形はバッサイ大という形を指定されました。

二段を受審する高校生の女の子と一緒にやりました。
その高校生は大会で入賞するようなバリバリの形の選手で、42歳のオジサンのトロさと下手さが際立つ結果に・・・。

緊張のあまり、形を間違えるし、口頭試問でもまともに答えられず撃沈。
審査員の先生からも厳しいお言葉を頂戴しました(トホホ・・・)

次は、平安五段と三戦(サンチン)という形をやりました。

どれも稽古でよくやっている形なので、何とか無事にやり終えました。

一旦、トイレ休憩をはさみ、組手の審査。

この日の為に購入した真新しい防具を装着し、いざ出陣です。

とにかく一歩も後ろに引かない事だけを考えて頑張りました。

対戦相手は二段を受審する大学生の男の子で、ボコボコにされましたが、とりあえず一歩も引かずに前には出ました。

これにて長いようで短かった試験は終了。

小さな鍼灸院を一人でやっている中年男にとっては、大勢の人前でプレッシャーを受ける機会も少ないので、とても貴重な経験になりました。

まだ正式な結果は知らされておりませんが、審査の結果はまたご報告いたします。

鍼灸のお仕事や日常生活以外に、空手という非日常の体験させてもらえて、幸せだなとしみじみ思います。
空手を指導してくださっている道場の皆様、いつも稽古に通わせてくれている家族に感謝です。

 

小指ポッキリ

こんにちは。ブログの更新が滞ってますが、若林鍼灸院は元気に営業中です。

前回のブログでも少し書きましたが、実は2ヶ月前に足の小指を骨折する大事件(小事件?)が発生しておりました。

四十数年間、タンスの角にぶつけまくっても平気だった小指ちゃんだったのですが、今回はポッキリ折れてしまいました。

自宅で朝の支度中のことです。何となく鏡をみながら空手の蹴りフォームをチェックしていました。数回やったところで、足に激痛が!鏡で死角になっていた障害物(家具)を思いっきり蹴り飛ばしてしまいました。

そのまま忙しく身支度を整えていましたが、ふと足をみると、小指が外を向いておりました。

ギャー、折れてる!!

でも、そこは根性を出して、午前中の予約の患者さん二人の治療を行い、近所の整形外科へ直行。

やはり骨折と診断され、即ギプス固定。

幸いにも足の指だったので、仕事への影響も少なく、何とかなりました。

既にギプスは外れ、すっかり良くなりました。

空手の組手で折れたのなら、まだ格好が付くのですが、情けない限りです。

小指一本の怪我でも結構大変なもんです。

今回はいい経験になりました。

大阪府豊中市の若林鍼灸院HPトップへ

SARUT COFFEE

先月に義弟が京都市右京区にコーヒー屋さんをオープンさせました。
遅れに遅れてしまったのですが、先日訪問してきました。
「SARUT COFFEE」という名前です。「サルー・コーヒー」と読みます。
愛称は「サルコー」です。

なかなか個性的な店構えです。元倉庫だそうです。

場所は京都市右京区にあり、嵯峨美大の隣りです。
近くには芸能の神様として有名な車折神社があります。

自家焙煎のコーヒー豆の販売がメインなのですが、淹れたてのコーヒーのテイクアウトもできます。
時間をかけて丁寧にコーヒーを抽出してくれます。
店内にベンチもありますので、中でストーブで暖を取りながら、楽しむことも可能です。

焙煎も見学させてもらったけど、火加減だったり、不良な豆の除去だったりと、大変なもんですね。
今までは、「ヒ○」でコーヒー豆を買っていたのですが、オープン以来、サルコーに乗り換えました。(そら親戚だから当然だけど!)

私のお気に入りは、無茶苦茶甘い洋菓子を食べながら「sarut blend 3」をブラックで飲むことです。

当院は豊中市、池田市、箕面市にお住まいの患者さんが大半ですので、なかなか気軽に寄ることはできませんが、近くにお立ち寄りの際は、サルーコーヒーを宜しくお願いします。

追伸:近々、通販も始めるそうですので、遠方の方も是非!

詳細は下記のHPをご覧下さい。
SARUT COFFEE ホームページ

結婚式は感謝の手紙でしょ!

昨日は結婚式出席させていただきました。
dscn2282
35歳位までは、ちょくちょくお誘いがあったのですが、最近は回りの友人も多くが結婚してしまい、本当に久しぶりの結婚式&披露宴。

新郎は行岡鍼灸専門学校でのクラスメイトです。
鍼灸学校時代に高校生の彼女がいたので、「ロリ○ン!」と冷やかしたのを覚えています(笑)
その彼女と10年以上の交際を実らせ、晴れてゴールインされました。

授業中居眠りばかりしていた?新郎も、治療家として立派に成長を遂げたみたいで、勤務先でも頼りにされる先生になっているようです。

定番ですが、新婦のご両親へのお手紙朗読は、やはりジーンとくるものがありますね。
この年になると自ずとお父さんの気持ちになって聞いてしまいます。
オッサンには胸に響くものがありますね。

新郎のお母さんへの手紙も感動したなぁ。

今までも色々な披露宴にお招きいただきましたが、どんな名スピーチよりも、どんな手の込んだ余興よりも、感謝の手紙のパワーは凄い。
おいしい料理とお手紙さえあれば披露宴はOKじゃないかとさえ思います(笑)

とにかく暖かい素敵な結婚式と披露宴でした。
今週は幸せを分けてもらったので、やる気が出そうです!

若林鍼灸院HPトップへ

とうとう祖母が・・・

先週の金曜日、祖母が他界しました。
96歳でした。
8月末に大腿骨の骨折で入院し、そのまま病院で亡くなってしまいました。
骨折のアクシデントがなければ、こんな急な別れにならなかったので悔やまれます。

私が生まれて以来、ずーっと一緒にいた祖母ですので、96歳の大往生とは言え、とても悲しいです。
一人っ子のお嬢さん育ちのせいか稚気に富んだ祖母でしたので、小さい時からとても気が合いました。
内孫でかつ孫の中でも最年少(で一番出来が悪い孫)なので、最後まで気にかけてくれて、とてもかわいがってくれました。

高齢になり脊柱狭窄症などからくる辛い症状に悩まされた祖母に、医療職の端くれとして、少しは役に立ちたかったのですが、私の技量ではなかなか叶いませんでした。

この業界に入って12年。私もそれなりに勉強して成長しました。
今から思えば、数年前の段階でこうしとけば良かった!等の後悔も多々ありますが、これらの経験を今後の臨床に活かしてまいります。

祖母の件があり土曜日は早めに閉院させていただいたのですが、月曜日の今日から通常通りかつ元気に鍼灸治療をやっております。

若林鍼灸院HPトップへ