逆子の灸

今日、たまたま「逆子の灸」のご希望の患者さんがいらっしゃいましたので、
少しコメントを・・・・。
他院のように大々的に宣伝はしておりませんが、当院も逆子の鍼灸治療を行っております。
(逆子が戻ったママさんからのご紹介が多くあり、実は好評の裏?メニューです。)

もともと、一時的に逆子になっても、出産時には正常に戻っている場合が多いのですが、鍼灸治療を行うとより、正常に戻る確率が上がります。
週数が早い程、効果も高いですので、お早めにお越し下さい。

また既にネットで「至陰」や「三陰交」などのツボを調べて、市販の灸で逆子の治療されている方も多いかと思います。
やり方やツボの位置が合っているか不安な場合も、正しい方法と正確なツボの取り方を指導しますので、ご相談ください。

(平成26年8月21日追記:「逆子のお灸」の指導だけをご希望の方は、初診料は無料で1回1000円で承っております。要予約。
※本来は通常の鍼灸治療をお受けになり、その上でご自身でもお灸をするべきなのですが、「逆子のお灸」だけのご要望が多いので、特別にご指導させていただいております。

お灸指導だけでなく「逆子」の治療を希望の方は、初診料は無料で1回4000円です。
脈診→手足に無痛の鍼→ツボへのゴマ粒大の直接灸+場合により棒灸での温灸+家庭でのお灸指導がセットです。)

若林鍼灸院HPトップへ

戦前の話

お盆も開院中!若林鍼灸院です。
さて、今日はご年配の方と接していて気付いた事を書きたいと思います。
私が往診先で接する方々は、70代・80代の方が中心です。
戦前・戦中にまだ小さかったり、若かった方が多く、多感な時期に大きな恐怖と不自由を強いられ、まさに戦前は「暗黒時代」だったと多くの方が語られます。
しかし、彼らより更に上の世代・90代以上の戦前の体験はどうも少し違うようです。
確かに戦中は大変だったようです。
ただ大正の末や昭和の初期までは、大阪では自由もあり、華やかさもあった時代だったそうです。
軍国主義一辺倒という訳ではなく、今の方と差ほど変わらない暮らしを送っていたようです。
(大阪の都市部の話です。地方の農村の暮らしは大変だったでしょうが・・・。)
私は学校で「戦前はすべて暗黒時代で、戦後にGHQのお陰で今の明るい?社会になった。」と教えられましたが、果たして本当でしょうか?
探してみると、案外身近に、元気な90代後半や100歳の方もおられるはずです。
(豊中市には約100人も100歳以上の方がおられます!)
小中学生のみなさん、夏休みの自由研究にインタビューしてもてはいががですか?
本やネットではなく、生の声を聞くと、面白い発見があるかもしれませんよ。

大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

間食恐るべし。果物は意外な盲点かも。

どうも!お盆の営業中。若林鍼灸院です。
さてさて、私の患者さんのお話です。
血糖値、血圧、尿酸値が高いということで、ダイエットを始められた方がいらっしゃいます。
老人ホームに入居されているのですが、ホームで出される食事以外に間食をなさっておりました。
まずは間食を止めることから始められました。
間食をストップして半年ほど経ちましたが、なんと15キロも程体重が減少しました。
(今までどれ程の間食を摂られていたのでしょうか・・・・?!もちろん体に溜った余分な水分を排除すべく、鍼治療も併行して行いました。)
間食はホームの食事は果物が少ないということで、毎日果物を中心に、おかきやスルメなどを食べておられました。
中年以降の方には、「果物は体にいい!」と強く信じている方が多いようです。
(この「果物信仰」は何故でしょう?
昔、果物が貴重だっかからかな??
「お見舞いにバナナ」の時代の影響??
物語で聞いた大航海時代の壊血病の恐怖からか??←冗談です。)
最近の果物は特に糖分が多く、食べ過ぎには注意が必要だと思います。
極言すれば、フルーツ味の砂糖水を飲んでいると同じだと思います。(もちろん極言ですよ。極言。)
女性で膝が痛く、ムクミやすい方などは、問診してみると、果物が大好きな方が多いように感じます。
お菓子は注意して控えてられる方も、なぜか果物はOK!なんですね~。
昔は果物を「水菓子」と呼びましたが、やはり果物もお菓子の仲間でしょうね。
もちろんケーキやチョコレートよりは、確かにビタミン・酵素・食物繊維も豊富なのでしょうが、程々に。
それから、ここ数年、低炭水化物ダイエットなるものが流行していますが、あれもやりすぎは危険ですよ。
何か一つへの極端な片寄りや不足は、全体のバランスを崩すことにつながると思います。
少しはご飯も食べて下さい。
何でも程々にお願いします。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

安物買いの銭失い・・・反省。

最近は、鍼灸院の消耗品(鍼やもぐさ、消毒液等)もネット通販で買えるようになりました。
特に当院は、「知熱灸」(熱さ感じたらすぐに取り外すお灸)という大きめサイズのお灸を多用するので、もぐさの消費量が激しいです。
「点灸用もぐさ」という比較的上質なもぐさを使用するのですが、なかなかイイお値段なのです。
なので安くて良い品を探して、ネットを徘徊しております。
先日、某ネット専門の医療機器店で、定価から9割引き以上の大特価のもぐさを発見!
後先考えずに、3キロもまとめ買いしました。
しかし届いたものは、不純物が多い粗悪なものでした…。
最近は、
安物の乾電池が液漏れしたり、
某国製の扇風機がうるさかったり、
某ホームセンターPBの蛍光灯がスグ切れたり、
特価のコピー用紙が向こうが透けるくらいペラペラだったり、
バーゲンの肌着や靴下のゴムがユルユルになったり・・・
安物買いの銭失い」という言葉が身に浸みております。
この粗悪なもぐさを返品できるかな・・・。
返せないなら誰かに差し上げますので、お盆の迎え火か送り火の火種に使って下さい(笑)
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP
追記:返品受けてくれました・・・。

4年間よく頑張りました・・・。『地球の鉱物コレクション』

北京五輪の年・2008年から定期購読していた『地球の鉱物コレクション』が、ロンドン五輪開催中の先日、ようやく終了!!
当初100号終了の予定が、120号でようやく完結。

あ~4年の歳月と、費やした金額は12万弱・・・。
絶対、鉱物標本のセットを買った方が安いですね。
あ~、でも一度、始めたら止められない。
「ドント・ストップ~」といえば、私の世代では、吉川&布袋のCOMPLEX『恋をとめないで』ですね。
懐かしい↓

あっ、脱線しちゃいましたね。
とにかくデアゴスティーニ、恐るべしです。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP