昇段審査

2014年の2月に空手の道場に入門し、ようやくこの日を迎えました。
(いや~、長かった。下手なので。)

初段の昇段審査に行って来ました。

会場は大阪府立体育会館。

といっても1階の大ホールではなく、地下の剣道場が会場でした。
それでも大相撲やプロレス中継で見た建物の中に入れるのは、妙にテンションが上がります。

さて、審査はペーパーテストからスタート。
これは予想通りの問題なので、難なくクリア!

次からは大切な実技の審査が開始。

まずは形の審査から。

1つ目の形はバッサイ大という形を指定されました。

二段を受審する高校生の女の子と一緒にやりました。
その高校生は大会で入賞するようなバリバリの形の選手で、42歳のオジサンのトロさと下手さが際立つ結果に・・・。

緊張のあまり、形を間違えるし、口頭試問でもまともに答えられず撃沈。
審査員の先生からも厳しいお言葉を頂戴しました(トホホ・・・)

次は、平安五段と三戦(サンチン)という形をやりました。

どれも稽古でよくやっている形なので、何とか無事にやり終えました。

一旦、トイレ休憩をはさみ、組手の審査。

この日の為に購入した真新しい防具を装着し、いざ出陣です。

とにかく一歩も後ろに引かない事だけを考えて頑張りました。

対戦相手は二段を受審する大学生の男の子で、ボコボコにされましたが、とりあえず一歩も引かずに前には出ました。

これにて長いようで短かった試験は終了。

小さな鍼灸院を一人でやっている中年男にとっては、大勢の人前でプレッシャーを受ける機会も少ないので、とても貴重な経験になりました。

まだ正式な結果は知らされておりませんが、審査の結果はまたご報告いたします。

鍼灸のお仕事や日常生活以外に、空手という非日常の体験させてもらえて、幸せだなとしみじみ思います。
空手を指導してくださっている道場の皆様、いつも稽古に通わせてくれている家族に感謝です。

 

小指ポッキリ

こんにちは。ブログの更新が滞ってますが、若林鍼灸院は元気に営業中です。

前回のブログでも少し書きましたが、実は2ヶ月前に足の小指を骨折する大事件(小事件?)が発生しておりました。

四十数年間、タンスの角にぶつけまくっても平気だった小指ちゃんだったのですが、今回はポッキリ折れてしまいました。

自宅で朝の支度中のことです。何となく鏡をみながら空手の蹴りフォームをチェックしていました。数回やったところで、足に激痛が!鏡で死角になっていた障害物(家具)を思いっきり蹴り飛ばしてしまいました。

そのまま忙しく身支度を整えていましたが、ふと足をみると、小指が外を向いておりました。

ギャー、折れてる!!

でも、そこは根性を出して、午前中の予約の患者さん二人の治療を行い、近所の整形外科へ直行。

やはり骨折と診断され、即ギプス固定。

幸いにも足の指だったので、仕事への影響も少なく、何とかなりました。

既にギプスは外れ、すっかり良くなりました。

空手の組手で折れたのなら、まだ格好が付くのですが、情けない限りです。

小指一本の怪我でも結構大変なもんです。

今回はいい経験になりました。

大阪府豊中市の若林鍼灸院HPトップへ

2級

そう言えば、書き忘れていました。
趣味の空手ですが、今年6月に2級に昇級しました。
(そして先日、1級への昇級審査も受けました。)

今年は1月に若林鍼灸院の前の車道と歩道の段差を踏み外し、足関節を捻挫(情けないですね…)。
捻挫の後遺症以外にも、仕事もプライベートもバタバタ続きで、空手へのモチベーションが上がらず、今年はなかなか道場へ通うのが大変でした。
それでも、1年間で1回しか休まず、稽古には参加しました。(毎回、遅刻でしたが。)
ダラダラした継続では「継続は力」にならないのかもしれませんが、とりあえずは辞めずに続けられた自分をちょっとは褒めてあげたいな、とも思います。

大阪府豊中市の若林鍼灸院HPトップへ

3級

今年も残すところ数日となりました。
年々、師走らしい慌ただしさが薄れてきているような感じがしますね。
昔ながらにしっかりと迎春準備をする家庭も減ってきたんでしょうね。
そう言う我が家もお正月準備は簡素化傾向です。

さてさて、恒例のどうでも良い報告ですが、先日3級になりました!
趣味の空手で昇級しました。

3級というのは一つの区切りです。
白帯から茶帯になるんです。
嬉しい反面、こんな下手くそが茶帯を締めてもいいのかと不安になりますね。
(本来は白帯→緑帯→紫帯→茶帯と級に応じて変化していくのですが、私の通う道場では白帯の次が茶帯です。)

それから、もっとどうでも良い話ですが、今月で41歳になりました。
もはやスポーツの世界では老体ですが、そんな体に鞭を打って(鍼も打って?)頑張ります!

若林鍼灸院HPトップへ

4級

趣味の空手ですが、4級に昇級しました。
4級
子供と違って、大人は仕事や家庭の事情で、稽古に通うのも大変ですが、休まずに続けております。
自由に通えるスポーツジムよりも、稽古日時が決まっていて、皆さんと一緒に稽古をする空手の方が、ソフトな強制感があり、意志が弱い私にピッタリなのかも。

それはそうと、あと数日で、空手のオリンピック種目への採用が正式決定します!
これを機に空手を始める人が増えて、盛り上がると嬉しいですね。

若林鍼灸院HPトップへ