イベント終了「北摂一のこだわり屋台」

昨日、北摂会主催「北摂一のこだわり屋台」に若林鍼灸院も「鍼灸無料体験コーナー」で参加してまいりました。
イベント開始前から会場の豊中稲荷神社には、お客様が多数お越しいただきました。
当院の担当の「鍼灸無料体験」コーナーも、予想以上に盛況で、かなりの時間お待ちいただく状況になりました。
こちらの人員不足もあり、お待ちいただいていたお客様のフォローが行き届かず、途中でお帰りなる方もいらっしゃいました。
せっかく並んでいただいたのに、本当に申し訳ありませんでした。
お灸がはじめてな方に、熱くないお灸を体験していただくというのが、今回のテーマでした。
しかしながら本格的な鍼灸治療を望まれる方が多く、設備と道具が整っていない中、簡単な処置しかできませんでしたが、多くの方にご満足いただき、うれしく思います。
(もちろん何分、はじめてのイベントですので、不備も多かったと思いますが・・・)
これを機会に、引き続きの治療を、お近くの鍼灸院でやってもらえれば、鍼灸師としてうれしく思います。
今回の無料体験イベントには、日本特殊医科様にご協力いただき、感謝しております。
当日、お休みにもかかわらず、応援に来ていただいた、N先生、ありがとうございました!
「鍼灸無料体験」が終了した後、私と奥さんは、「神前結婚式のデモンストレーション」のモデル役をやらせていただきました。
私も妻も和装が初めてで、厳かな雰囲気の中で式(奉告祭)を上げることができ、本当に良い経験ができました。
チャペルウエディングが主流ですが、稲荷神社での結婚式(結婚奉告祭)は、チャペルでは味わえない厳粛なムードがあり、地元のカップルにお勧めです。
素敵な衣裳をご提供いただいたり、いろいろとお心遣いいただいた「SPOSA BLANCA(丸福衣裳店)」様、着付けとヘアメイクでお世話になった「西川美容室」様の皆さまにも、心より御礼申し上げます。
企画運営をされた疋田様(「ビストロ疋田」)には、大変お世話になり、感謝申し上げます。
このような貴重な機会を与えて下さった、稲荷神社の宮司様、本当にありがとうございました。

大阪府豊中市・伝統鍼灸・若林鍼灸院(HPへ

家庭でのお灸

近年、インターネットや女性向けの雑誌などで、症状別のツボ(経穴)が良く紹介されています。
従来はツボをご自身で指圧される方が多かったのですが、最近では「せんねん灸」などの手軽なお灸の普及で、家庭でお灸にトライされる方が増えているようです。
当院に通っておられる方でも、ご家庭でお灸をされている方が数人いらっしゃいます。
今日は、ご家庭でお灸をされる場合に気を付けられたポイントを何点かご紹介します。
☆まず、ツボの取り方。インターネットや本に載っている場所はあくまでも目安です。
その指示されている位置の周辺で、凹んでいたり、皮膚の色が違ったり、温度や湿り方が違ったりと、周囲と何か差異がある場所がツボである可能性が高いです。
よく探ってみてください。
漫然とお灸をするよりも、効果が高いはず。
☆ツボの選択方法
理想を言えば、鍼灸師に体質や症状に応じたツボを教えてもらうのが一番です。
それが難しければ、ネットや本で紹介されているツボを欲張り過ぎずに、まずは1種類のツボからスタートしてください。経過や体調をみながら、適宜ツボの数を増やしたり、変更してみてください。
最初から欲張ると、刺激量が多かったり、どのツボが効いているのか分からなくなりますので。
☆お灸の刺激量
市販のお灸でも、刺激が強いものが多いようです。
我慢は禁物です。
「少し物足りないかな?」と思う程度で十分です。
ソフトな刺激でも、体はちゃんと反応します。
あまり頑張りすぎると、「灸あたり」といって「湯あたり」のように気分が悪くなってしまいます。
1箇所に対する、お灸の回数は、奇数(1、3、5、7・・・)が基本です。
灸は陽気を補う目的がありますので、陽の数、つまり奇数を基本とします。
おまじない感覚で試してみてください。
☆ペアで行う。
足三里や三陰交など、足のツボは、一人でも簡単にお灸ができますが、背部や腕、お腹のツボはご家族やパートナーにやってもらった方が安全です。
お灸で家族のコミュニケーションが増せば、素敵ですね。
深刻に眉間にシワを寄せながら据えるよりも、楽しくやりたいものです。
☆火の元、ヤケドに注意。
必ず水を張った大きめの灰皿を手元に用意してください。
また市販の円筒状や台座付のお灸を使う場合は、ピンセットや小さなツカミのような物を用意した上で行って下さい。
製品によっては、筒や台座が高熱になり、素手で取り外す際に指を火傷する可能性があります。
くどいようですが、市販の既製品のお灸でも、刺激が強いものもあり、わずか1回だけでも、水ぶくれや火傷になることがあります。
昔ながらに散もぐさを使う場合は、慣れるまでは捻り方が難しいので、最期まで焼き切るのではなく、少しでも熱さを感じた時点で、消火してください。失敗すると火傷の跡が消えなくなります。
美容に気を遣う方は、どのようなお灸であれ、まず目立たない部位で試されるといいでしょう。
極度に体力が落ちた方、糖尿病や知覚麻痺や鈍麻がある方へのお灸はヤケドを起こしやすいので危険です。
お灸をして少しでも体調や皮膚に異常が出たら、速やかに中止してください。
あくまでも細心の注意を払い、自己責任で行ってください。

お灸は現代でこそ、一般には疎遠なものになりましたが、江戸期から昭和初期頃まで広く民間でも行われていました。
特に松尾芭蕉『奥の細道』にも出てくる、足三里へのお灸は、健脚や長寿の灸として昔からポピュラーだったようですね。故本間祥白先生(鍼灸師)の著書でも、終戦直後、ボロ切れを艾替りに使い、足三里を焼きながら、中国大陸から引き揚げた日本兵のエピソードが紹介されていました。
昔に行われていた、大きな灸跡が残るような強い刺激のお灸は現代人には、オススメしませんが、ソフトなお灸ならば、試してみる価値がありそうですね。
鍼灸院を経営する立場から言えば、家庭でお灸をせずに鍼灸院に来て、お灸を受けほしいですが・・・(笑)
☆追記☆
家庭でお灸する際に不明な点があれば、当院へご相談ください。
空き時間に1000円でお教えします。(一般の方限定)
電話で予約の上、日頃ご使用のお灸道具を持って、お越しください。
※健康増進が目的の方に限ります。
 医師の診察を受けていない方、重篤な症状の場合、本格的な治療が必要な方は、お断りします。
大阪府豊中市の伝統鍼灸専門・若林鍼灸院HPへ

当院で使用しているお灸は?

みなさん、連休をいかがお過ごしでしたか?
丹波方面へ車でドライブを楽しんできました。
お土産に黒豆の枝豆を買ってきました。
通常の枝豆よりも濃厚で美味しいです。

さてさて、本日は当院で使用しているお灸をご紹介します。
悪いことをしたら罰として「お灸をすえる」とか、銭湯や温泉でお年寄りの肩にや背中に残るお灸の痕のイメージからか、お灸を怖がる方が多いですね。
昔は大きなお灸を直に肌の上に据え、火を付ける方法がメインでした。
もちろんヤケドしますから、お灸の痕が残ります。
また「灸あたり」と呼ばれる副作用もみられました。
しかしながら、多くの方からお灸が支持されていたことからしても、高い効果があったことが窺われます。
高い効果が予想される昔ながらのお灸ですが、現代の多くの日本人にとっては、熱さ耐えることが出来なかったり、刺激量が強すぎて副作用が出たり、灸の痕が美容上困るなど、効と同じくらい害が出てしまいそうです。
そこで当院では、昔ながらの「やいと」の良い所を残しつつも、痕が付きにくく熱すぎないお灸を行っています。(だから怖がらなくてもOKですよ!)
直接、お灸を肌の上に据えますが、とても小さなお灸を据えています。
なんと、ゴマ粒やゴマ粒の半分くらいの大きさです。
この小さな小さなお灸を体質、症状等に応じたツボに据えていきます。
また、大きさは小指大の大きさですが、火を付けて熱くなる前にお灸を取り外す「知熱灸」という方法も導入しています。
これは大変、気持ちの良いお灸で、じわーっとした余韻が残り、好評です。
また主に背中やお腹のツボに用いています。
下の画像は、当院用いている艾(もぐさ)の画像です。
左がゴマ粒大以下の小さなお灸に使う艾で、国産の最高級の艾を使用しています。
これを適当な大きさに一つ一つ手で捻り、ツボに据えていきます。

右が知熱灸などに用いている艾で、燃焼時間が長く、じわーっとした心地良い温感がツボから伝わってきます。
これも、手で一つ一つ円錐状に捻っていきます。
このもぐさも国産です。
最近はお手軽な簡易式のお灸も多く出回っていますが、たまには患者さん状態を診て、一つ一つ手で捻るお灸はいかがでしょうか?
僕はここにいます。→大阪府豊中市の「若林鍼灸院」