当院のアイテム・少し臭い「紫雲膏」

今日はお灸の話。

若林鍼灸院では、患者さんが熱く感じたら、中止するお灸「知熱灸」と、
モグサを小さく成形し、ツボに置き、直接焼き切る、昔ながらのお灸「透熱灸
の2種類を行っています。

後者の「透熱灸」は確かに熱いのですが、モグサ(艾炷)の大きさが直径1mm~1.5mm程度と小さく、火傷の心配はまずありませんので、ご安心ください。

さて、肩や膝周辺などの曲面にお灸を据える場合、そのままモグサを皮膚上に置くと、空調の風や患者さんが体を動かすことにより、火のついたモグサが落下する危険性があります。

そこで我々・鍼灸師は、お灸をする皮膚を消毒液や水で湿らせたり、「灸点墨」という粘り気のある墨やボディクリームなどの油脂や糊などを使い、モグサを皮膚表面に固定します。もしくは大きなモグサならば、ピンセットで固定しながら、お灸をします。(市販のお灸を使う場合は、あらかじめ糊が付いているので、何もいらないのですが・・・)。
当院では、「紫雲膏」という漢方薬の軟膏を使って、皮膚表面に貼り付けています。
ツムラ紫雲膏

下の成分表を見てもらえば分るように、油脂に生薬が配合された軟膏です。
因みに有名な江戸後期の医師・華岡青洲が考案した薬です。紫雲膏成分
「紫雲膏」は、火傷にも効能があり、お灸の固定用には最適なのですが、ただ難点は、独特のニオイがすることかな・・・。

昔の高齢の鍼灸師にはツバでお灸を固定する者もおりましたが、今の時代、そんな鍼灸師はたぶん?おりませんので、ご安心ください(笑)

大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

逆子の灸

今日、たまたま「逆子の灸」のご希望の患者さんがいらっしゃいましたので、
少しコメントを・・・・。
他院のように大々的に宣伝はしておりませんが、当院も逆子の鍼灸治療を行っております。
(逆子が戻ったママさんからのご紹介が多くあり、実は好評の裏?メニューです。)

もともと、一時的に逆子になっても、出産時には正常に戻っている場合が多いのですが、鍼灸治療を行うとより、正常に戻る確率が上がります。
週数が早い程、効果も高いですので、お早めにお越し下さい。

また既にネットで「至陰」や「三陰交」などのツボを調べて、市販の灸で逆子の治療されている方も多いかと思います。
やり方やツボの位置が合っているか不安な場合も、正しい方法と正確なツボの取り方を指導しますので、ご相談ください。

(平成26年8月21日追記:「逆子のお灸」の指導だけをご希望の方は、初診料は無料で1回1000円で承っております。要予約。
※本来は通常の鍼灸治療をお受けになり、その上でご自身でもお灸をするべきなのですが、「逆子のお灸」だけのご要望が多いので、特別にご指導させていただいております。

お灸指導だけでなく「逆子」の治療を希望の方は、初診料は無料で1回4000円です。
脈診→手足に無痛の鍼→ツボへのゴマ粒大の直接灸+場合により棒灸での温灸+家庭でのお灸指導がセットです。)

若林鍼灸院HPトップへ

安物買いの銭失い・・・反省。

最近は、鍼灸院の消耗品(鍼やもぐさ、消毒液等)もネット通販で買えるようになりました。
特に当院は、「知熱灸」(熱さ感じたらすぐに取り外すお灸)という大きめサイズのお灸を多用するので、もぐさの消費量が激しいです。
「点灸用もぐさ」という比較的上質なもぐさを使用するのですが、なかなかイイお値段なのです。
なので安くて良い品を探して、ネットを徘徊しております。
先日、某ネット専門の医療機器店で、定価から9割引き以上の大特価のもぐさを発見!
後先考えずに、3キロもまとめ買いしました。
しかし届いたものは、不純物が多い粗悪なものでした…。
最近は、
安物の乾電池が液漏れしたり、
某国製の扇風機がうるさかったり、
某ホームセンターPBの蛍光灯がスグ切れたり、
特価のコピー用紙が向こうが透けるくらいペラペラだったり、
バーゲンの肌着や靴下のゴムがユルユルになったり・・・
安物買いの銭失い」という言葉が身に浸みております。
この粗悪なもぐさを返品できるかな・・・。
返せないなら誰かに差し上げますので、お盆の迎え火か送り火の火種に使って下さい(笑)
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP
追記:返品受けてくれました・・・。

もぐさのメンテ

お灸に使う艾(もぐさ)の話です。
艾が湿気を帯びて硬くなってきたので、メンテナンスを行いました。
艾は柔らかくて成形しやすく、燃焼時間の短いものが理想なので・・・。

本来は天日干しがベストですが、駅前にある当院は日当たりがあまり良くありません。
さらに周辺に進学塾がたくさんあり、小学生だらけ。
干している艾にイタズラをされそうですので、仕方なく部屋干し。
ここからは決してお勧めできない裏技です。(きっとベテランの鍼灸師や艾屋さんから怒られます。)
先ずは電子レンジでチン(時間は30秒以内。長時間加熱するとと発火して大変危険!ご注意を!!
チンした艾を、拡げて蒸気を飛ばします。
後は、エアコンの温風にしばらく晒して乾燥(写真は待合室で温風に当ててるところ)。
業者さんの話では、艾は乾燥しすぎも良くないそうで、湿度10%代が理想だとか。
(だから乾燥剤と一緒に保管するのはNG。鍼灸学校時代にお灸の先生から怒られました。)
くどいようですが、天日干しがベストです。
この室内で乾かした艾は、「知熱灸」というお灸に使用します。
「知熱灸」とは、患者さんが熱さを感じたら取り外す灸法のことです。
小さく艾を捻り、最後まで焼ききるお灸を「透熱灸」と呼びます。
「透熱灸」に使うものは、100g10000円程する高価なものですので、レンジでチン!なんていう乱暴なことはしません(笑)
今回メンテをした艾は、紙箱で保管。
10000円の高級な方は、桐箱で保管しています(笑)
(和紙で包んでから箱に入れるのがベストです。)
この差は何!?
バレンタインのチョコの数に差があるように、この世の中は決して平等ではありません(笑)
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP
追記)いつも勉強会でお世話になっている先生のHPに、艾の天日干しの記事があります。
吉岡鍼灸院ホームページ(神奈川県横浜市)
吉岡鍼灸院HP「閑話・もぐさの天日干し」
この記事を読めば、なぜ艾を電子レンジの電磁波?!ではなくお日様に当てる必要があるのかが理解できます。
他にもお灸に関する興味深いお話が・・・。
吉岡鍼灸院HP「鍼灸の話・古き良きもぐさ“熟艾”」
吉岡鍼灸院HP「鍼灸の話・お灸をすえる回数の話」
是非ご覧ください。

幸運のカギ=ハーブの香り?!

連休が明けて2日目、ようやく正月ボケも解消されてきたところでしょうか?
皆さんのお正月はいかがでしたでしょうか。
ここ数年は不景気の煽りで、正月を旅先や故郷で迎えず、自宅でゆっくりされる方が多いようですね。
私も自宅で過ごし、神社への初詣にくらいしか、正月らしいことはしませんでした。
初詣は、地元の豊中稲荷神社に。
その地元の稲荷神社ですが、自宅で正月を過ごされ方が増えたのと、パワースポット?とかスピリチュアルブームのせいか、年々参拝客が増えて、昔では考えられない人出です。
今年は地元の神社をお詣りした後、大阪の住吉大社に行って来ました。
奮発?して、本殿で妻の「厄除」と「商売繁盛」(鍼灸院にしては生々しい願いですかね・・・)のご祈祷をお願いしました。
ちゃんと、患者さんの病気平癒と健康も祈願してきましたので、ご安心を。
皆さんの病気や怪我が治って、新しい患者さんをご紹介いただけないと、「商売繁盛」に繋がりませんからね(笑)
そして帰りに、おみくじを引いてきました。
「中吉」でした。
「幸運のカギ=ハーブの香り」と記されていました。


お灸に使うモグサ(ヨモギが原料)はハーブの一種なのでしょうか・・・。
私の幸運ためにも、2012年はお灸が多めの治療かも(冗談です。)
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP