恩師の連載が開始!

鍼灸・マッサージ師の業界誌『医道の日本』で11月号から楽しみな連載がスタート。

早速、定期購読を申し込みました。

臨床でよく行う大腰筋刺鍼などを私に伝授してただいた中野保先生(神戸市・二天堂鍼灸院院長)の連載です。

「解剖生理に基づいた深層筋への鍼治療」というタイトルで、大腰筋などのインナーマッスルへの鍼治療の方法とその理論についての論考を掲載されています。

数年前に中野先生にご指導いただいた内容の復習になり大変勉強になりました。

久々に手に取った『医道の日本』では、数年前まで古典文献の読解と経絡治療をご指導いただいていた篠原孝市先生の連載「臨床に活かす古典」が、78回目を迎えておりました。ここ数年、私は鍼灸の古典文献に触れることもなくなりましたが、先生や昔の仲間は相変わらず淡々と着実に研究を進めておられるんだなぁ・・・と研究会のことを懐かしくしみじみと思い出すとともに、日々の多忙さにかまけて、古典の勉強から遠ざかっていることに、胸が痛い思いがしました。

若林鍼灸院HPトップへ

恒例の勉強会

昨日は、毎月恒例の鍼の勉強会でした。

毎月(時には月2回)、名古屋の鳥居諭先生が主宰される勉強会「鳥居塾」で、鍼とミオラブという器具を使った筋膜リリースをご指導いただいております。

受講生が関西人ばかりということもあり、冗談が飛び交う雰囲気ですが、指導内容は超ハイレベルです。
いつも技術の差に愕然とし、自分の考え方の甘さに嫌気が差し、治療のモデルになって先生から強烈な鍼を受けて悲鳴を上げる、というM気質がないとやっていけない勉強会です(笑)。

今回のメインは膝。

昨年1月から大阪で名古屋で、かなりの回数のご指導を受けておりますが、鳥居先生はすごいスピードでどんどん治療技術をアップデートしていくので、ついていくのが大変です。

昔からの患者さんは、ここ数年来の私の治療が変化していることに驚いておられるかもしれませんが、これからもどんどん進化させていきますよ。乞うご期待!

大阪府豊中市の若林鍼灸院HPトップへ

ミオラブによる筋膜リリース

当院の施術に新しい道具が加わりました。
以前より施術に取り入れておりましたが、紹介が遅くなりました。

「ミオラブ」という道具です。
名古屋のしおがま鍼灸治療室の鳥居諭先生が開発された、筋・筋膜をリリースするマッサージ器具です。(因みに一般向けには販売されていません。国家資格を持ったプロ用です。)

ミオラブを皮膚に当ててマッサージすることにより、筋肉を覆う膜などが重なりあって癒着した箇所や硬くなった箇所を素早く解き放す(リリース)ことができます。

形状・材質も考え抜かれて製作されているので、素手では不可能な部位にもアプローチできすることができます。

当院は鍼がメインですので、鍼の効果を最大限に引き出す為の前処置として筋膜リリースを取り入れております。

素手や器具による筋膜リリースだけでも効果はあるのでしょうが、当院の場合は、癒着の箇所や深層部の筋肉にも鍼を使って直接的にアプローチできますので、より効果が期待できます。

若林鍼灸院HPトップへ

BABA鍼灸北京堂大阪、江坂にオープン!

今日は久しぶりに暑いですね~。
炎天下の中、豊中駅前の若林鍼灸院からチャリで30分かけて江坂まで行ってきました。(久しぶりに長時間、自転車に乗ったので、お尻が痛い…)
9月8日の開院に向けて、改装真っ只中のBABA鍼灸・北京堂大阪さんを見学(邪魔)しに行ってきました。
院長の馬場先生自ら内装をやっておられました!

改装に勤しむ馬場先生

改装に勤しむ馬場先生

外観もいい感じ。

左側の石のツブツブのオシャレな外壁がBABA鍼灸さんです。

左側の石のツブツブのオシャレな外壁がBABA鍼灸さんです。ややこしい写真ですいません…

さてさて、BABA鍼灸さんのデータをご紹介。

BABA鍼灸北京堂大阪
http://www014.upp.so-net.ne.jp/pekingdo-ba/
大阪府吹田市豊津町13-4ウイニング・パラ江坂1F
電話:06-6821-3000(予約制)
2016年9月8日開院予定。

う~ん、アクセスが最高ですね。
地下鉄御堂筋線の江坂駅から徒歩5分で、店の前に駐車スペースもあるし、とても便利。
馬場先生は北京堂横浜の前院長さんで、横浜時代に培った経験と実績に加え、爽やかで気さくな人柄の先生ですし、流行るのは間違いなしですね。
僕は自慢ではありませんが、年に1回は首を寝違えるので、その際は患者としてお世話になろうかと思っています(笑)

若林鍼灸院HPトップへ

開院7周年でした!

すっかり失念しておりましたが、去る5月27日で若林鍼灸院は無事に7周年を迎えることが出来ました。

思い返せば、8年前の3月末に「獨立軒若林鍼灸院」という屋号で、往診専門で開業しました。
その頃は、開業とは名ばかりで、豊中の少路にあった「のだ鍼灸整骨院」で働かせていただきながらの開業でした。

その頃から、鍼灸学校の同級生であった彼女(現在の妻)と結婚が決まっていたので、二人で働ける場を持ちたいと思い、7年前の5月に豊中駅前に現在の若林鍼灸院を構えました。
(しかし結局、妻は往診がメインで、院内業務は私・院長が一人でやっています。)

開院当初は超暇でしたので、13時までの営業にして、午後は引き続き鍼灸整骨院でお世話になっておりました。

その後は、鍼灸整骨院を退職し、若林鍼灸院一本で仕事をしておりましたが、患者さんゼロの日が続いたりと、大苦戦の毎日でした。

時間の経過とともに、患者さんが知り合いを紹介してくださったり、気に入ってくれて長く通ってくださる方も増えて、患者さんがゼロの日はなくなり、日によっては予約が満席になるまでになりました。(ただ往診が増えて、鍼灸院を留守にすることも増えてしまいましたが・・・)

私はサラリーマン時代、百貨店の食品部門を経験しました。
とある老舗の食品メーカーの担当者が仰っていたのですが、100年以上続くベストセラーの定番商品でも、発売当初のレシピを頑なに守り続けるだけではないそうです。
お客様に長く愛される為に、気付かれない程度のマイナーチェンジを繰り返して、時代の変化に対応しておられるようです。
鍼灸師の治療も、基本の部分をコロコロ変える訳にはいきません。
老舗の味と同じように、常に改善を繰り返し、少しずつでも変化しつづけないといけないのだと思います。

ただ治療院業界には、一発で治す!とか万病に効く!、魅惑的な謳い文句を並べる治療法が溢れています。
しかし、そんな魔法のような幻想のようなものに飛びつくことなく、地道に一歩一歩、鍼を一本一本打ちながら、少しづつ変化(進化)していけたらなと思います。

これからも8周年、9周年、10周年…を迎えられるように頑張りますので、皆様も応援宜しくお願いします。

若林鍼灸院HPトップへ