待合室に免許証を掲示しました。

開業してもう今年で丸12年です。
鍼灸師の国家試験に合格し、免許証が送られた来た時に浮かれて、賞状額を衝動買いしました。
開業の際に免許証を入れて待合室に掲示する予定でしたが、そのまま鍼灸院の2階に放置されておりました。
その忘れてさられていた額縁がこの度めでたく発見され、12年の時を経て、本日ようやく掛けることができました。

写真の右から「あん摩マッサージ指圧師」、「はり師」、「きゅう師」の免許証です。(因みに地震を考慮してアクリル板を使用した軽量の額縁です。)

これでモグリの鍼灸師じゃないことを皆さんに証明できましたね(笑)

そして免許証には私の生年月日が書いてありますので、気が弱くて私に年齢を尋ねられない患者さんも私の年齢を確認したり、占い好きな人なら相性占いもできますね(笑)

ただ額縁がシンプルな院内に合わない気がしているので、既に額を外したくなっております。通院中の患者さんはお早めにチェックしてください。

若林鍼灸院HPトップへ