出張施術も承ります

今朝は、ご家族の介護でお忙しく外出できない方のお宅へお伺いし、鍼灸治療をさせていただきました。
我が家も高齢の祖父母がおりますので、介護の大変さはよく分かります。
高齢の方には、それなりのケアがなされている場合が多いのですが、介護者のケアがなおざりにされいることが多いように思います(肩腰膝のトラブルを放置していたり、不眠など心身の不調がある方も多いのでは?)
日々の介護と家事に忙殺されて、治療院に行く暇もない方、疲れてしまって出掛ける気力が湧かない方、出張施術も承りますので、是非一度ご相談ください。
鍼灸の治療の効果に加え、家族以外の人とコミュニケーションを図ることが良い気分転換になるはずです。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

演歌を聴く

昨日までとは打って変わっての快晴!
久しぶりの洗濯日和ですね。
今朝、一件往診に行ってきたのですが、その患者さんは最近カラオケに凝っておられるようで、
治療中にも曲がかかっている時があります。
ジャンルは演歌ばかりなのですが、演歌もなかなかいいもんです。
どの演歌歌手も歌唱力があり、驚かされます。
いつもは川中美幸の曲が流れいますが、この間は瀬川瑛子でした。
どうも瀬川瑛子さんの歌い方では、どうも治療のペースが乱れ、波に乗れません(笑)
今日は島津亜矢さんという方の曲でしたが、とてもお上手なのですが、どうも鍼をする時に力んでしまいそうな感じがします。
というような感じで施術中のBGMとしては、演歌は適さないかもしれません。
しかし、本当に心身の消耗がひどい時は、とても音楽なんて聴く気になれませんし、ましてやカラオケに行く気も起こらないはずなので、これは患者さんの調子の良い証拠です。
施術者として嬉しく思います。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

Miniで往診・パートⅡ

先日の日記でミニ(BMWではない古い方のミニ)で往診している事を書きました。(ブログ「Miniで往診」参照)
今朝もミニで往診に出掛けようと、キーを回しました。
ところが、エンジンが掛かりません。
ヤバイ!遅刻する!
と焦って、何回かセルを回しても、結局ダメでした。
もともとバッテリーが弱っていたところに、この凍てつくような寒さのせいで、バッテリーが上がってしまったみたいです。
最近、頻繁にミニに乗るものの、短距離の移動ばかりでしたので、充電できてなかったのかもしれません。
実家の車を借りて出掛け、なんとか事なきを得ました。
どんな高級車や最新の車もバッテリーが上がったら動きません。
日頃のチェックが大切ですね。

さて、このバッテリーですが、5年以上も替えてないので、おそらく寿命ですね。
交換です。
因みにローバー・ミニのバッテリー端子は国産車より太いので、ホームセンターで特売のバッテリーは使えません。
明日、オー○バックスやミニのお店で、バッテリー交換してもらう(少々高いお金を払い楽をする)か、ネットで注文して自分で交換して安く上げるか、思案中です。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP

Miniで往診

今月から箕面市南部(豊中市と箕面市の境界あたり)の患者さん宅へ往診をしています。
往診先まで直線で4キロと遠く、坂道も多いので、自転車でなく車でお伺いしています。

ただ往診に使っているローバー・ミニが昨年末からアイドリングが不安定で、信号待ちで突然エンストしてしまうトラブルが続いていました。
思い起こせば、昨年にMTが運転できない妻の為に、中古の国産車(AT)を買って以来、ミニが不調なような気がします。
スネてしまったかのように不調のミニ。
重症かと思いましたが、先日ミニのショップへ持ち込んだところ、バキュームホースのジョイント部分が壊れていただけで、すぐに復活しました。
現在は、かなり快調で、我が家にある某国産車よりも断然に運転が楽しいです。
ミニと言えば、趣味の車として保有されている方が多いのでしょうが、うちミニは営業車として健気に働いております。
そうそう、北摂と言えば、ミニのショップのメッカです。
近くのショップのHPをご紹介しますので、ご興味がある方は一度覗いてみてください。
カワイイので虜になるはずです(笑)
クラシック・ミニデルタ(豊中市浜 たくさんのミニとパーツが揃っています。2012年閉店)
ナミーズ・カンパニー HP(豊中市利倉東 こちらで修理をしてもらいました。)
インペリアルクラフト HP(箕面市如意谷)
オートライフ HP(茨木市下穂積)
では、本日はこのへんで失礼します。
まだまだ冷え込みが続きますので、暖かくしてお過ごし下さい。
☆大阪府豊中市の北部・中部で健康保険を使った鍼灸マッサージの往診治療を行っている若林鍼灸院HPへ

保険による往診治療について

最近、高齢者を対象とした健康保険による訪問鍼灸マッサージをする治療院が増えてきました。
私の鍼灸学校の同級生でも専門の行っている人が多くいますし、他業種からも参入してきているそうです。
当院も鍼灸院での治療の合間に僅かながらではありますが、やらせてもらっています。
保険での往診の対象者は原則的に歩行が困難な方に限られるので、どうしても純粋な鍼灸やマッサージ施術ではなくリハビリ的な要素が求められます。
現在、リハビリといえば理学療法士の分野でしょうが、介護保険や費用面のこともあり、鍼灸師、マッサージ師が彼らの仕事を代行している部分があるようです。
しかしながら、鍼灸やマッサージの醍醐味は、リハビリだけではなく、本来の施術により発揮されるものだと思います。
患者さんご本人やご家族の希望に沿ってのことでしょうが、マッサージ師なのに撫でも押しもせず、鍼灸師なのにまともに鍼や灸もしないで、関節運動と筋力トレーニングだけに終始するのは、少し寂しい感じがします。(もちろん、それらも非常に大切ですが・・・)
私は免許の名前通り、鍼灸なり按摩マッサージなりを専門的に掘り下げた方が良いのではと思っています。
当院では、往診による保険治療でも院内で行っている鍼灸術と同レベルのものを提供しています。
当然ですが、きちんと東洋医学的に評価し、毎回その方の状態に応じた鍼灸施術を行っています。
訪問マッサージにおいても、リハビリ的な施術だけでなく、許す限りマッサージ本来の手技を行っております。
大阪府豊中市の若林鍼灸院HP