小児鍼(小児針・小児はり)

夜泣き、疳の虫などでお悩みのお母様がネットで調べて、小児鍼を受けに当院へもお見えになります。

小児鍼(小児はり)は、大阪中部・南部ではそこそこ有名なのですが、豊中などの北摂地区ではあまり知られていないようです。
しかしネットの普及とともに、豊中でも徐々に知られてくるようになりました。

小児はりは、大人と違い、鍼を刺すことはしません。

皮膚を鍼でこするだけのシンプルで安全な方法です。
乳幼児は大人と違い、皮膚刺激だけで十分に効果が上がります。

特に上背部を鍼で擦過し、他には症状により、前腕、下腿、腹部、胸部、腰部を鍼で擦過します(鍼の尖っていない部分でこする)。

当院では乳幼児には基本的にこの鍼を使用します。

当院では乳幼児には基本的にこの鍼を使用します。

この鍼も併用。人差し指に沿わせて持ち、皮膚を擦過します。マッチ箱の方が目立ってますね(笑)

この鍼も併用。人差し指に沿わせて持ち、皮膚を擦過します。マッチ箱の方が目立ってますね(笑)


対象の症状は、大阪で「疳の虫(かんのむし)」と呼ばれる、夜泣き、夜驚症、かんしゃく、奇声上げる等の神経過敏や小児の神経症ような症状です。
他の小児疾患にもそこそこ効くようですが、昔から「疳の虫」に効果が高いと言われています。
(※小児はりは難病や万病が治るような施術ではありません。)

小児はりは3日連続で行うのが効果的です。
軽いものであれば、2、3回で効果が出ます。

もしも3日連続でやって改善されなければ、保護者と相談の上、中止もしくは少し日を空けて2、3回行います。

計5、6回行って効果が出ないようであれば、当院での施術を中止することをお勧めしています。
(もちろん少しでも効果があるようであれば、継続してもいただいても構いません。
但し保護者の不安を煽って、ダラダラと無駄に長引かせることは絶対にしません。)

当院の施術で症状が治まったり改善した場合は、ご家庭で出来る施術法をご指導いたします。
(あとはスキンシップの一環として、ご家庭でケアしてあげましょう!)

幼児になり成長してくると簡単な脈診も可能になってくるので、皮膚への刺激ではなく、体質に応じたツボに鍼も加えます(無痛です)。

費用は小学生まで初診料無しで1回1000円です。
所要時間は5~10分です。

当院は基本的に大人の為の治療院ですが、何故かお子様も増えています。
本当は女性鍼灸師である妻が小児針をやればお子様も喜ぶんのでしょうが、残念ながら、子供をあやすのが下手なでっかいオッサン(院長)が担当しております(笑)。
当院で大人にも行う「散鍼」という手技に小児針は似ているので、小児針自体は得意です。
しかし私は鍼灸以外のこと(育児相談など)には全く自信がありません。育児の相談は自治体等の専門窓口にお願いいたします。

若林鍼灸院HPのトップへ戻る